1. トップページ >
  2. NLPプラクティショナーコース >
  3. 受講生の声8

卒業生の喜びの声


ひきずっていた嫌な思いが、とても小さなものとなりました

1.NLPプラクティショナーコースに参加する前、どのようなことで悩んでいましたか?どのようなことに興味がありましたか?
1.過去の嫌な思いをずっと引きずっている自分をどうにかしたかった。
不安定な自分、落ち込みやすい自分を変えたかった。

2.脳の取扱書といわれているNLP。以前、「人間は、脳を使いきっていない。使っていない脳に可能性がたくさんある。」という話をきいていて、脳の活用法に興味を持っていた。

3.仕事柄、カウンセリングを学んでいるが、自分に合った、明るく、実践的な方法や技術を学びたかった。

2.コースの申込を決めるまで、どのようなことで迷いましたか?また、申込の決め手は何でしたか?
費用と日程。
申し込みの決め手は、前田トレーナーと高橋トレーナーのひとりひとりを大切にして下さるお人柄と、NLPに対する愛情と熱意。
費用と日程に関して、具体的な案を出してくださり、出られない日のサポート日を作ったり、ふりかえの日もあったこと。

3.実際にコースを受講してみての満足度を教えてください。
10(大変満足)〜1(不満)までのうち、該当するものに○をつけて下さい
10(○) 9( ) 8( )  7( ) 6( ) 5( )  4( ) 3( ) 2( ) 1( )

4.実際にコースを受講してみていかがでしたか?期待していた成果は得られましたか?また、期待以上に得られた成果は何ですか?特に、コースを受講してみて一番良かったこと、一番大きな得られたことは何ですか?
1.ひきずっていた嫌な思いが、とても小さなものとなり、抱えていた自分の失敗を人に話せるようになったこと。
失敗は、失敗でなく、フィードバック。 電球発明のエジソンが1万回失敗しても、エジソンは、失敗とは思っておらず、上手くいかない方法をみつけただけ。と答えた話は、印象に残りました。
何より、私を励ましたのは、エリクソンの自殺願望の「スキッ歯の女性」の話です。 「どうせ、死ぬんでしょ!」だから、いろいろやってみる! 正直、今まで、仕方なく生きていた私。 昨年、ご縁で、死生学権威の先生とお会いしたり、本を読んでいたのですが、そういったことよりも、私には、「スキッ歯」の話のほうがぴったりで、 「どうせ死ぬんだから!」と思って、行動できるようになりました!

体を変えることが、感情を変える。
視線の使いかたなど、体の動かすことで、変えていける人間の体の仕組みはすごい! ワークを通しながら、人間の可能性に感動し、ますます人間が好きになったこと。
一番印象に残っていて、大好きなのは、最終回の3人のメンターのワーク。 私に力をあたえてくれるメッセージは、「生きなさい」「愛しているよ」「あなたらしくね」 その時の状況を思うだけでも、感謝の気もちが溢れ、うれしくなってきます。

3.NLPをはじめたひとりであるリチャードバンドラーの「自由がすべてであり、愛が残りのすべてである」という言葉が大好きです。
 人生は、自由自在!愛がいっぱい!

5.その他、コースの感想やコメントなど、何でもご自由にお書き下さい。
 NLPを通して、素晴らしいトレーナーさんや仲間に出会えたことに心から感謝しています。

次にチャレンジします!

前田トレーナーの書く絵にとても笑え、癒されました。困った時に、壁にくっつき悩んでいる姿に一生懸命さを感じました。遅刻した時、前田トレーナーが真剣に、気持ちを話して下さった時、本当にありがたいことだと嬉しく思いました。

高橋トレーナーの「NLPが大好きなの!」オーラいっぱいのキラキラ笑顔が大好きです。

震災後の講座に伺った時、手を広げて、迎えてくださいましたね。とても嬉しく、人間っていいなぁ〜、来て良かったなぁ〜と思いました。お二人で、土曜日も待機されてくださったんですよね。本当にありがとうございました。

阿部 広子様(フラワーセラピスト)

他の受講生の感想

体験セミナーお申込み
人は変われます。なぜなら…
NLPの実践的な使い方や講座のご案内をお届けします
姓: 名:
E-mail:
NLPトレーナー前田忠志オフィシャルブログ「使えるNLP 使えないNLP」