1. トップページ >
  2. 受講規約

講座受講規約

第1条 適用範囲
本規約は、当社(講師及び主催関係者を含みます。以下同じ。)の講座(「セミナー」、「コース」、「ワークショップ」、「勉強会」、「集い」、「会」などの名称を問わず、これに類するものを含みます。以下同じ。)の受講の申込者(以下、「受講者」といいます)に適用されます。受講者は、講座への受講の申込によって、本規約に同意したものとみなされます。

第2条 受講の申込
1.受講者は、本サイトに掲載する申込の手続き、または、当社の認める手続きにしたがい、氏名、電話番号、メールアドレスその他の事項について、正確かつ最新の情報を提供し、講座の受講を申し込むものとします。
2.当社は、受講の申込に必要な条件を定めることができるものとします。
3.受講者は、講座の受講終了前までに、氏名、住所、電話番号、メールアドレスに変更があった場合は、変更の内容を当社に連絡するものとします。
4.当社は、受講者に連絡をする必要がある場合は、申込時に受講者から提供のあったメールアドレスに発信すれば足るものとします。

第3条 受講料
1.受講者は、講座の受講にあたり、本サイトなどに掲載している規定の受講料を支払うものとします。受講料の支払いに必要となる振込手数料は、受講者が負担するものとします。
2.受講者は、講座開催前に、受講料の全額を支払うものとします。
3.受講者は、前項に関わらず、当社が認めた場合、当社と受講者で合意された分割などの方法により、受講料を支払うこともできるものとします。当社と受講者で合意された受講料は、受講者が講座を欠席した場合であっても、消滅または減額されないものとします。
4.受講者が一度支払った受講料は、本規約に定めのある場合のほかは、一切返金しないものとします。

第4条 受講申込の承諾
1.当社は、受講者から受講の申込を受けたときは、受講者に対し、受講料の支払方法その他必要な事項を通知するものとします。
2.当社が受講料の入金を確認した時点をもって、受講者は講座を受講する資格を得るものとします。
3.当社は、以下の場合は、受講者からの受講の申込を承諾せず、または、承諾した受講の申込を取り消すことができるものとします。
(1)当社の定める定員に達した場合
(2)申込に必要な条件を満たしていない受講者からの申込の場合
(3)過去に本規約に違反したことのある受講者からの申込の場合
(4)その他、当社が受講者として不適切と判断した場合
3.当社は、受講者からの受講の申込を承諾するにあたり、一定の条件を付すことができるものとします。受講者がその条件に合意しない場合は、受講の申込を承諾せず、申込の承諾後であっても、その条件に違反した場合や違反するおそれが高いと当社が判断した場合は、申込の承諾を取り消すことができるものとします。

第5条 情報の使用
当社は、本サイトに掲載されているプライバシーポリシーにしたがい、受講者に関する情報を使用することができるものとします。

第6条 講座の提供
当社は、受講者から支払われた受講料を対価として、講座を行うものとします。

第7条 講座に関連する権利
1.講座に含まれる一切のノウハウ、アイデア、手法、情報、また、講座で提供される一切のテキスト、資料その他の著作物や商標権その他一切の権利は、すべて、当社またはそのライセンス提供者に帰属し、受講者は、これらの権利を侵害する行為を一切行ってはならないものとします。
2.受講者は、講座内容を、自己の学習の目的にのみ使用するものとし、著作権法上で認められる私的利用の範囲内で使用するものとします。
3.受講者は、講座内容を、いかなる方法においても、第三者に対して、頒布、販売、譲渡、貸与、使用許諾等をしてはならないものとします。
4.受講者は、講座を受講する権利の譲渡や販売、代理受講は行ってはならないものとします。但し、当社が認めた場合は、この限りではありません。
5.当社は、講座を撮影、録画、録音し、社内資料、広告または販売用教材などのために使用できるものとします。この場合の撮影物の肖像権は当社に帰属するものとします。

第8条 守秘義務
受講者は、講座の受講に関連して知った情報(個人情報を含むが、これに限らない。)については、第三者に漏えいしたり、自己または第三者のために利用してはならないものとします。

第9条 禁止事項
1.受講者は、講座受講前、受講中、受講後に関わらず、以下の行為(そのための準備に類する行為を含む。)を行ってはならないものとします。
(1)著作権またはその他の権利を侵害する行為及び侵害する恐れのある行為
(2)講座の録音、録画、撮影
(3)講座で配布される資料の複写、販売、譲渡、ウェブ上での公開
(4)他の受講者に対して、自己または第三者のための販売行為、営利行為、勧誘行為、紹介行為、斡旋行為、宗教を目的とする行為、政治を目的とする行為
(5)当社、講師、または他の受講者に対し、故意または重大な過失により、その名誉、信用を棄損し、損害を与える行為
(6)講座の開催される会場を不適切に使用する行為
(7)その他、当社が不適切と判断する行為
2.ネットワークビジネス(当社が類似すると判断したものを含む)を行っている受講者は、講座受講前、受講中、受講後に関わらず、他の受講者との名刺交換、他の受講者からメールアドレスや電話番号などの個人情報を入手する行為を行ってはならないものとします。

第10条 講座開催の中止等
1.当社は、以下の場合は、講座の開催を中止、延期、または、中断することができるものとします。
(1)受講者数が最低催行人数に達しないことが見込まれた場合
(2)交通機関のストライキ、台風・地震等の天災が発生した場合
(3)講座の講師や関係者に不測の事故、病気、慶弔が発生した場合
(4)講座会場の都合により講座が開催できないこととなった場合
(5)その他、講座の開催を中止、延期、または、中断するべきであると当社が判断した場合
2.当社が講座の開催を中止した場合は、当社は、受講者から受領済の受講料(開催日数が2日以上の講座の場合は、日割計算により算出した未経過分とします。受講料が分割払いとなっている場合は、その全額を基礎として算出します。)を、受講者の指定する銀行口座への振込または当社の指定する方法により返金するものとします。
3.当社は、講座の名称、内容、講師、開催場所、開催日時などを変更する場合があります。

第11条 講座申込のキャンセル
1.受講者は、当社に対して通知をすることにより、講座の申込をキャンセルすることができます。
2.受講者が講座の申込をキャンセルした場合、受講者は以下の通りのキャンセル料を負担するものとします。但し、講座の申込ページにキャンセル料の記載がある場合は、その記載の通りとします。
(1)講座開催日(開催日数が2日以上の講座の場合はその初日。以下同様)の2ヵ月前までのキャンセル:無料
(2)講座開催日の2ヵ月前の翌日〜講座開催日の1ヶ月前までのキャンセル:受講料の10%。
(3)講座開催日の1ヶ月前の翌日〜講座開催日の15日前までのキャンセル:受講料の50%。
(4)講座開催日の14日前〜講座開催日当日:受講料の100%。
(5)講座開催日後(当社へキャンセルの通知をすることなく講座を欠席した場合も含む):受講料の100%。
3.当社は、受領済の受講料をもって、キャンセル料に充当することができるものとします。キャンセル料が受領済の受講料を上回る場合は、受講者は、キャンセルした日から1週間以内に銀行振込によって不足分を支払うものとします。受領済の受講料がキャンセル料を上回る場合は、当社は、決済手数料を差し引いた残額を受講者の指定する銀行口座への振込または当社の指定する方法により返金するものとします。

第12条 講座開催後の中途解約
受講者は、講座を中途解約することができません。

第13条 受講の振替
1.受講者が講座の受講を欠席等した場合で当社が認めた場合は、当社の認める他の講座を振替して受講する権利を有するものとします。この場合、欠席等した日から1年以内に限るものとし、1年を経過した場合は、振替して受講する権利を失うものとします。
2.当社は、受講者が振替して受講する講座を開催する義務は負わないものとします。

第14条 返金保証
1.返金保証の適用のある講座について、受講者が講座の内容に満足できなかった場合は、講座の終了(講座の開催が2日以上になる場合は、その最終日)後3日以内に、当社にメールまたは文書により通知することで、受講料の返金を求めることができます。
2.前項に関わらず、講座の開催前に受講料の全額が支払われていない場合、または、遅刻・欠席・退席・振替をした場合は、受講料の返金を求めることはできないものとします。
3.第1項により返金を求めた受講者は、今後、一切、当社の講座を受講することはできません。また、資格取得コースの場合は、資格を取得することはできません。

第15条 受講資格の取消
1.当社は、受講者が以下に該当した場合、受講者の受講資格を停止し、または、将来に向かって取り消すことができるものとします。以下の(3)の場合を除き、受領済の受講料は返金しないものとします。
(1)本規約に違反した場合
(2)受講申込に虚偽があった場合
(3)講座内容を適切に理解できない可能性がある場合
(4)その他、当社が受講生として不適切と判断した場合
2.当社は、必要と判断した場合、講座中であっても、受講資格を取り消し、受講者を講座会場から退席させることができるものとします。

第16条 保証及び免責
1.当社は、講座内容の完全性、確実性、正確性を含む一切の法的責任を伴う一切の保証をするものではありません。
2.当社は、受講者による講座内容の習得や、講座の効果を保証するものではありません。
3.受講者は、自己の所有物について、自己の責任において管理するものとします。当社は、受講者の所有物の保管や管理等について一切の責任を負わないものとします。
4.受講者が講座の開催場所に物件を残置した場合、当社は、受講者がその物件の所有権を放棄したものとみなして、これを任意に処分することができるものとし、一切の責任を負わないものとします。
5.当社は、当社が受講者に損害賠償責任が発生するいかなる場合においても、当社が受講者から受領済の受講料の範囲内でのみ、損害賠償責任を負うものとします。受講者の受講終了から6カ月を経過した日以降は、受講者は当社に対し一切の請求をしないものとし、当社は受講者に対し一切の責任を負わないものとします。

第17条 損害賠償
1.受講者が、当社に損害を与えた場合、受講者は、当社に対して、一切の損害を賠償するものとします。
2.受講者が、1度でも受講料その他の債務を期日までに支払わない場合は、当社に対するすべての債務について当然に期限の利益を喪失し、当社に対するすべての債務を年14.6%の割合で計算される金額とともに、ただちに、支払うものとします。
3.受講者が、第9条第1項(4)または、第9条2項の行為を行った場合、当該行為による当社の損害は、当該行為をされたという他の受講者からの報告の数にNLPプラクティショナーコースの受講料相当額(198,000円)を乗じた額と推定します。
4.受講者と他の受講者、その他第三者との間で紛争が発生した場合、受講者は、自己の費用と責任において、当該紛争を解決するものとし、当社は一切の責任を負わないものとし、当社に損害が生じた場合は、受講者は、一切の損害を賠償するものとします。

第18条 規約の変更等
1.当社は、本規約を変更することができるものとします。
2.当社が、本規約を変更した場合、電子メールまたは本サイトへの掲載により、受講者に通知するものとします。
3.電子メールまたは本サイトへの掲載後10日以内に受講者からの異議申し立てがない場合、または、受講者が講座に参加した場合は、受講者は、本規約の変更に同意したものとみなします。
4.ホームページ、メール、印刷物その他資料と本規約に齟齬ある場合は、本規約を優先して適用するものとします。
5.本規約の解釈が定かでない場合は、当社が判断するものとし、受講者はその解釈について、当社に説明を求めることができるものとします。

第19条 管轄
本規約に関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。


人は変われます。なぜなら… NLPの教科書

NLPの実践的な使い方や講座のご案内をお届けします
姓: 名:
E-mail:
NLPトレーナー前田忠志オフィシャルブログ「使えるNLP 使えないNLP」