1. トップページ >
  2. お知らせ >
  3. 質問にお答えします「プラクティショナーコースの日数は8日で大丈夫ですか?」

プラクティショナーコースの日数について

当アカデミーでは、プラクティショナーコースを8日間で開催しています。
この点について、「8日という日数は短いのでは?」というご質問がありましたので、ご回答します。

実際、日本のスクールでは、10日程度の開催期間としているスクールが多いようです。
そういったスクールとくらべると、短めです。

当アカデミーのプラクティショナーコースは、NLP創始者リチャード・バンドラーの米国NLP協会による認定を受けることができますが、米国NLP協会のガイドラインでは、プラクティショナーコースの開催日数について、「7日以上」とされています。

当アカデミーにおける8日という日数は、このガイドラインを満たし、十分な日数です。

そして、海外では、リチャード・バンドラー氏も、みずから、プラクティショナーコースを開催しておりますが、その日数も7日です。
NLPの創始者のトレーニング日数が7日間なのですから、この日数が世界スタンダードであるといってよいでしょう。

資格発行団体は、リチャード・バンドラーの米国NLP協会以外にも、さまざまな団体があり、それぞれの考え方をもって運営されています。
その中には、開催日数について、より長めに規定しているケースもあるかもしれません。これは、考え方の違いでしょう。

リチャード・バンドラーの米国NLP協会でも、10日間のプラクティショナーコースを開催しているスクールはあります。
当アカデミーでも、以前は、10日間でプラクティショナーコースを開催していたことがありました。
10日間ですと、1日は、のんびりと、ゆったりとします。受講人数が多い場合に生じがちな「待ち時間」も長めになります。

しかし、同じことが学べるなら短時間のほうがいいという声を聞くことが増えてきました。
そこで、10日間の内容と同じものを、8日間でお伝えするよう、カリキュラムを組み直しました。

日数が短い分、密度は濃くなっています。
少人数で、時間のロスを最小限にして、講座を運営しています。

また、日数が少ない分、受講料を安価に設定して、受講生の方に還元しています。

人は変われます。なぜなら… NLPの教科書

NLPの実践的な使い方や講座のご案内をお届けします
姓: 名:
E-mail:
NLPトレーナー前田忠志オフィシャルブログ「使えるNLP 使えないNLP」