1. トップページ >
  2. よくあるご質問 >
  3. 内容について

よくあるご質問

内容について


どのような人が受講していますか?

当スクールは、会社員・OL・経営者・自営業者・医師・カウンセラー・セラピスト・講師など、さまざまな人に受講して頂いています。
受講生に特定の傾向があるスクールもありますが、さまざまな人に受講して頂いているのは、当スクールの特徴でもあります。→詳しく読む
受講生の年齢は30歳代から40歳代が中心で、20歳代から70歳代までの方に受講して頂いております。男女比は半々ぐらいです。

対人コミュニケーションだけ学びたいのですが

NLPには、対人コミュニケーションスキルのみならず、自分とのコミュニケーションスキルも含まれています。
そして、実際のところ、対人コミュニケーションスキルを学びたいと思っている方の多くは、自分とのコミュニケーションスキルを学ぶことで、対人コミュニケーションをよりよいものにすることができます。
自分とのコミュニケーションが上手な人は、自分の思考・感情・行動をコントロールすることが上手です。あなたの周りで、対人コミュニケーションが上手な人を思い浮かべて頂ければ、その人は、同時に、自分とのコミュニケーションも上手であることに気付くことができることと思います。
たとえば、相手が自分の思いどおりにならなくてイライラする、というのは、自分の思考や感情をコントロールできていないために起きることです。

成功哲学とNLPの違いは何ですか?

成功哲学は、目指すべき価値観が特定されているのに対し、NLPは、目指すべき価値観が特定されていないのが大きな違いです。

成功哲学は、その名の通り、「成功」するための「哲学」です。成功したい人のためのものです。そして、成功の意味するところは、成功哲学によって異なります。ナンバーワンになるのを目指す成功哲学もあれば、日々の習慣を大切にする成功哲学もあります。成功哲学に共感できれば得られるものが多い一方、共感できないと抵抗が起きがちという傾向があります。
それに対し、NLPは、人それぞれの価値観を大切にします。人には、成功したい人も、安心したい人も、楽しみたい人もいます。そして、なりたい自分になるための方法論がNLPです。

なお、他のスクールでは、NLPと成功哲学をセットにして、その境界線を明確にすることなくお伝えしているケースもあるようです。

NLPにも、いろいろな種類があると聞きました

NLPは、創始者リチャード・バンドラーとジョン・グリンダーにより、1970年代にうまれました。そして、その後、多くのNLP開発者が登場し、今もNLPは発展し続けています。
NLP開発者によってNLPの種類を分類することもありますが、基本的には、創始者の開発したNLPがベースとなっていることは変わりません。
どのNLPであっても、中核的なスキルは共通です。そして、新しいスキルが開発されたといっても、昔からのスキルが使えなくなったというより、昔からのスキルを応用したものが多いのです。
創始者であるリチャード・バンドラーも、今なお、NLPを発展させ続けています。それは、より効果が高くスピーディな方向へと向かっています。
そして、当スクールでお伝えするのは、リチャード・バンドラーの米国NLP協会のNLP。時代を越えて変わらない本質であり、より効果が高いNLPです。

カウンセラーの仕事をしていますがNLPは役立ちますか?

当スクールは、カウンセラーやセラピストなど、対人サポートをご職業されている方にも、よく受講して頂いております。

NLPは、卓越した成果をあげていた心理療法家の言葉の使い方をモデル化したことがはじまりです。その後、心理療法以外の分野でも使えるものとして、発展を続けていますが、対人サポートに役立つスキルの宝庫であることは変わりありません。NLPを学ぶと、すでにお持ちのスキルやご経験をいかして、さらに、幅を広げることができます。

また、カウンセラーやセラピストの方の中には、クライアントに心を注ぐ一方、自分のことに心を注ぐのが苦手な方もいらっしゃいます。NLPのスキルを自分に対して使うことで、より自分を大切にすることができるようになります。そして、その結果として、クライアントに対しても、望ましい影響を与えることができるようになることでしょう。

内容が難しくてついていけるか不安です

受講にあたっての前提知識などは必要ありません。当スクールは少人数制ですので、ワークのフォローなども充実しており、安心して受講して頂くことができます。
もし、どうしても気になるようでしたら、まずは体験講座を受講して頂くのがお勧めです。体験講座は、はじめての方でも学びやすいスキルを中心とした構成になっており、全体的な感覚をつかんで頂けることと思います。

予習または復習は必要ですか?

基本的に、予習・復習は必要ありません。受講するだけで、気づきがあったり、スキルが身につくよう、講座を設計しております。
ただ、NLPのスキルは、日常での実践を通して、習熟度が高まるものもあります。より一層NLPを身につけるためには、日常での意識的な実践がおすすめです。

体験講座お申込み
人は変われます。なぜなら… NLPの教科書

NLPの実践的な使い方や講座のご案内をお届けします
姓: 名:
E-mail:
NLPトレーナー前田忠志オフィシャルブログ「使えるNLP 使えないNLP」